「AOS FinDX」のキーコンセプトとインサイト

「AOS FinDX」は、金融データという強固なセキュリティを必須とするデータの安全な管理を実現しながらも、スピーディなデータ共有を可能とし、会計・経理・財務の金融部門の速やかなDXをコンセプトに開発されました。

「AOS FinDX」のキーコンセプトとインサイトは、会計・経理・財務の金融部門、会計・経理・財務のシステム管理者、外部の会計・税理士事務所の三角関係が、最大の満足度となるようにすることです。

これを「AOS FinDX」のトライパットソリューションと言います。

「AOS FinDX」のトライバットソリューション

会計・経理・財務の金融部門の課題を解決する機能

会計・経理・財務の金融部門はデータを安全に共有することができます。チームでファイルを共有するための環境を提供します。

チームドライブ

離れたところからチームでデータを共有する

チームでファイルを共有するための環境を提供します。サブフォルダとドキュメントを見ることができます。

同じチーム内で、閲覧のみの権限とアップロード・ダウンロードの権限をそれぞれ個別に付与することができます。

共有データを見る

あらゆるデータをいつでもどこからでも見ることができます

チームドライブ、または個別に共有されたデータの閲覧、ダウンロードができます。オンライン上でお気に入りに追加することもできます。

個人ドライブ

個人のデータを安全に保存する

個人のデータ(ファルダーおよびファイル)をWebブラウザからアップロードして、クラウド上に保管できます。アップロードしたデータは共有リンクを生成することで外部に共有可能です。(パスワード、期限設定可能)

グリッドビュー、フォルダ作成、アップロード、ダウンロード、共有、削除など、アイコンをクリックすることで簡単に操作ができます。

会計・経理・財務のシステム管理者の課題を解決する機能

会計・経理・財務のシステム管理者は常に安全にデータを管理することが求められます。AOS FinDXにはデータを管理するための様々な仕組みが搭載されています。

権限設定

社員や部署ごとに柔軟に権限を設定できます

管理者は、金融部門のチームごとに、または外部の会計・税理士事務所や金融機関など、相手ごとにアクセス権限を柔軟に設定できます。権限がない他のチームのフォルダやファイルは、その存在さえも見ることはできません。

「AOS FinDX」で一元管理されたデータのうち権限を与えたものだけが共有できるので、煩雑なドキュメント管理の悩みもなく、セキュアかつスピーディな共有と管理を実現できます。

セキュリティ

2段階認証で安全にアクセスする

セキュリティルームは、よりアクセス制限を厳しくしてデータを共有するときに使用します。管理者は、アクセスに際してメールで送信された認証PINコードを必須とすることでログイン時の2段階認証を設定することができます。

監査

いつでも業務を安全に監査できます

監査機能により特定の作業の内容、手順、イベントに影響を及ぼす情報を収集・管理することができます。

外部の会計・税理士事務所の課題を解決する機能

外部の会計・税理士事務所、金融提携機関とも安全なデータ共有で円滑な業務遂行ができ、さらに新たな価値創造ができる仕組みを提供します。

データを共有する

社内外のメンバーを安全に管理できます

共有したいデータを選択し、共有したいユーザーを指定します。プロジェクトごとにチームを分けて、共有しているデータおよびユーザーを一元管理できます。数分で、ユーザーの追加、修正、削除を行うことができます。

バージョン管理

社内外におけるファイルのバージョンを正しく管理できます

ファイルを最大10世代まで保存することができます。ファイルの上書きによるデータ喪失にも対応ができます。10世代全てのバージョンを復元することができます。

コールドドライブ

プロジェクト完了後の長期保存も安心

会社として長期保存すべきデータを低コストで保管ができるドライブを提供します。コールドドライブ権限を持ったユーザがコールドドライブへデータをアップロードするか、またはユーザーアカウントが削除されたタイミングで、削除されたユーザーのデータ全てがコールドドライブへ一括保存されます。

会計・経理・財務に役立つ機能を搭載

会計ソフトのファイル検索

会計ソフトのバックアップでデータ保護と効率UP

企業経営を司る企業の心臓部ともいうべき要が会計データです。そのデータを生み出し管理する会計ソフトは、「AOS FinDX」が最優先で保護すべき対象です。

通常会計ソフトは自らのバックアップ機能を備えていますが、これだけでは不十分です。「AOS FinDX」では、会計ソフトが出力するバックアップファイルをさらにクラウド上にバックアップすることにより、会計データを万全に保護する機能を提供しています。

さらに、バックアップデータから会計ソフトのファイルを簡単に呼び出すことができるため、会計業務の効率アップが期待できます。

会計ソフトのバックアップが必要な理由

BCP対策

人為的ミスや災害などの予期しないデータ消失のリスクから金融データを守ります

過去のデータを呼び出す

経理、財務などの書類に大きな修正が必要なときに過去のデータを手軽に呼び出すことができます

信用失墜のリスク対策

重要な金融データの消失による社会全体や取引先からの信用喪失のリスクから企業を守ります

「AOS FinDX」における会計ソフトのファイルバックアップの仕組み

経理・財務向け参考サイト検索

外部サイトをシームレスに検索できます

社内会計、財務、経理部だけではなく、会計事務所、税理士事務所が必要とするリンク情報を一目瞭然で瞬時にアクセスすることができます。これにより業務に必要な情報をタイムラグなく調べることができます。さらに管理者は、リストを自由に編集できるので、最新かつ自社のニーズの高い情報を入れることができます。