会計、経理、財務向けファイル共有&ストレージ「AOS FinDX」

会計事務所、税理士事務所、企業内の会計・財務・経理部門におけるデータ管理の扱いは、最も重要な位置づけとなります。所得税申告書、貸借対照表、資産などのすべての会計関連情報を持つ部門は、すべての金融口座を維持および追跡する必要があります。データの損失は企業に大きな脅威をもたらす可能性があるため、データを処理する際にセキュリティ保護手段を提供する必要があります。「AOS FinDX」は、これらの課題を解決し、金融のDXを実現するために、4つのコンセプトによりクラウドベースのSaaSシステムとして開発されました。

通常の製品と比較してデータの保存と共有において、圧倒的になセキュリティー機能を有しており、金融データを社内外でのやり取りを可能とし、機密性の高い会計・財務部門の生産性とセキュリティの両立を実現します。

誰でも使いやすいインターフェース

データ保存や共有の状況を一目でチェックすることができます。

会計・財務における課題とDXのニーズ

会計・財務におけるデータの保存と共有では多くの課題を抱えています。新たな技術によるDXソリューションが求められています。

課題 ❶

ハンコおよび紙文化による非効率な業務

ペーパーレス化、ハンコレス化によるテレワークの実現

課題 ❷

決算業務が中心の労働集約的な手動業務

データ保管と共有、電子契約システムを活用して決算業務の自動化

課題 ❸

業務が不十分で必要な経営データが出ない

会計業務におけるデータ連携により管理会計データの経営への活用

長期保存が必要な膨大な会計データ

コールドストレージにより長期間の保存が必要となる会計ドキュメントを安全かつ体系的に管理できます。

長期間の保存で大容量になりがちな、収集した会計ドキュメントをクラウド上に安全にかつ低コストで保存ができます。帳簿、収支計算書、収支予算書なども自動的にアップロードし、保存することができます。

領収書などの数千、数万枚の画像ファイルが入っているフォルダーをそのままの構造で保存することができるので、膨大な金融データの管理が容易にできます。

財務・経理書類のデジタル化によるデジタイゼーション

AI-OCR 「AIパピルス」との連携による紙文書のデジタル化と保存

会計事務所、税理士事務所、企業内に存在する膨大な紙文書をデジタル化することがDXの第一歩です。AI-OCRによるデジタル化されたドキュメントを、「AOS FinDX」に保存することで、重要文書の検索性が高まり、企業内外におけるデータ共有と活用が大きく促進されます。

❶ 紙やPDFの財務、経理書類

事務所、企業内のロッカー、あるいはPCに保管されている膨大な紙やPDFの財務、経理書類

❷「AIパピルス」でデジタイゼーション

AI-OCR「AIパピルス」で取り込んだ紙の財務、経理書類をデジタル化、PDFファイルもテキストデータ化

❸「AOS FinDX」でデータ保管&検索

「AOS FinDX」により、クラウド上で重要文書の保管や検索ができ、事務所・企業内、外で安全にデータ共有を実現

充実した会計、財務、経理、金融部門のDX化のための機能

会計、財務、経理、金融部門のDXにおける様々な場面に適した機能を提供しています。